3月21日、生田神社会館にて、
昨年8月29日に逝去された上原まりさんを偲ぶ会を、
筑前琵琶神戸旭会(柴田旭堂会)会員が中心となり開催いたしました。
所属流派「筑前琵琶日本旭会」関係者をはじめ、
故人が生前お世話になった各方面の方々や、
旧友の皆様が、それぞれに思い出を語って下さいました。
上原まりさんの温かい人柄が偲ばれ、
改めて、早すぎる旅立ちを惜しむばかりでした。

※上原まり(柴田旭艶)さんは、
柴田旭堂師のご息女で、私には姉弟子にあたります。

20190321shinobukai1-500.jpg

20190321shinobukai3-500.jpg

◆ロビーにて神戸旭会員ほか
20190321shinobukai4-500.jpg



上原まりさんのインタビュー記事や、
思い出の写真の一部をご紹介いたします。

◆婦人画報1990年12月号より
(クリックすると、大きな画像で記事をお読み頂けます。)
fujingaho199012-200.jpg


◆2011年10月16日
日本旭会「第81回 筑前琵琶全国大会」神戸開催時の写真

◇神戸旭会員による追悼演奏 「盲僧琵琶の幻想」
―東日本大震災・阪神淡路大震災犠牲者に寄せて―
般若心経読経:村山旭勢
※前列右から二人目が上原まりさん (川村は前列右端)
81th.asahikai20111016mosobiwa-500.jpg

◇神戸旭会員による琵琶二重奏「ながれ」 作曲:二代柴田旭堂
※前列中央が上原まりさん (川村は前列左から二人目)
81th.asahikai20111016nagare-500.jpg

◇大会翌日の懇親会にて
※左から二人目が上原まりさん (川村は右端)
81th.asahikai20111017party-500.jpg


◆2010年6月6日 柴田旭堂会演奏会―潮騒悠遊―
終演後ロビーにてお客様と
※左から二人目が上原まりさん (左端は川村のアメリカ人門下生)
kyokudokai20100606shiosai-500.jpg


◆2008年12月14日 柴田旭堂会演奏会―夢幻悠遊― 楽屋にてyokudokai20081214kmugen-500.jpg


◆1999年9月5日 柴田旭堂会演奏会より
※中央が上原まりさん (川村は右端)kyokudokai19990905-500.jpg


◆柴田旭堂師の後援会発足記念パーティーにて
当時宝塚歌劇団在籍中の上原まりさん ※左奥が柴田旭堂師
(上原まりさんの前の奥側が当時小学生の川村)1980kyokudo-koenkai-500.jpg

3月17日
東伏見宮家別邸 料理旅館「吉田山荘」
春の特別公演
―古典シリーズ第4弾―
改訂版 『うつほものがたり』

20190317utsuho1-150.jpg 20190317utsuho2-150.jpg

◆共演の熊谷真美さん&脚本の左能典代さんと
yoshidasanso20190317-500.jpg

2月11日 播州赤穂・明王山普門寺
釈迦涅槃会・瑜伽まつり法要 奉納演奏
藤本恵祐ご住職と記念撮影
ako-fumonji20190211.jpg

普門寺は聖徳太子によって開かれたと伝えられる由緒あるお寺です。
ご本尊の十一面千手観音菩薩像(国指定重要文化財)は、
もとは京の神護寺に祀られていたそうで、
応仁の乱など幾多の兵火をのがれ、この地に遷座したとのこと。
(神護寺は平家物語のキーマン、文覚上人が再興に尽力したことでも知られます。)

平安時代初期の作と伝えられるこの観音像は、
ふくよかで優しいお顔立ちです。

10月16日 USEN 和楽器BGM-みやび-
(SMART USEN 和楽-neo japanesque-)
レコーディング

集合写真の左から
川崎貴久さん(尺八)
出口煌玲さん(作曲)
杵屋浩基さん(三味線)
川村旭芳(筑前琵琶)
山内利一さん(打楽器)

USEN20181016-3.jpg

USEN20181016-1.jpg

USEN20181016-2.jpg

毎年、各地持ち回りで開催されている
所属流派「筑前琵琶日本旭会」の全国大会が
7年ぶりに神戸で開催されました。
10月14日 兵庫県民会館けんみんホール

asahikai20181016-2909.jpg


◆オープニング大合奏「荒城の月変奏曲」
asahikai20181016-3673.jpg


◆新人紹介「川中島」 吉岡旭瑞(門下生)
asahikai20181016-3709.jpg


◆「袈裟と盛遠」 土方旭衣(中央 妹弟子)・田中旭風(右 門下生)/絃:川村
asahikai20181016-3881.jpg


◆「五條橋」 小泉旭好(右 門下生)・井島旭覧(左 門下生)
asahikai20181016-4548.jpg


◆「孝子平知章」 川村独演
asahikai20181016-4199.jpg


◆「綱館」 村山旭勢(右 兄弟子)・大藪旭晶(中央 姉弟子)/絃:川村
asahikai20181016-5717.jpg


◆出演した門下生と記念撮影
kyokuhokai20181016.jpg




◆前日リハーサルの様子

asahikai20181015-03.jpg

asahikai20181015-16.jpg

asahikai20181015-15299.jpg

asahikai20181015-27.jpg

asahikai20181015-15317.jpg

9月14日、細見美術館・茶室「古香庵」にて。
掛け軸は、尾形光琳の弟子といわれる
渡辺始興の作「簾に秋月図」です。

hosomikokoan20180914.jpg

このたび、サイトのリニューアルに伴って、
近況お知らせやメッセージなど
直接発信させて頂くページを設けました。
時折、それもかなり時折になろうことと思いますが、
活動の写真などもアップして参ります。

そして、図らずも初めての投稿で
悲しいお知らせをすることとなりました。
既に報道でご存じの方も多いことでしょうが、
柴田旭堂師のご息女で、私には姉弟子にあたる
上原まりさんが、旭堂師のもとへと旅立ってしまわれました。

私が師匠に入門した小学生の頃、
上原まりさんは宝塚のトップスターとして活躍中で、
旭堂師に、まりさんご出演の公演を
観に連れて行って頂いたことが懐かしく思い出されます。

まりさんにも、小さい頃からずっと可愛がって頂き、
いつも「芳子ちゃん」と本名で呼んで下さっていたお声が、
今でも聞こえてくるようです。

ちょうど私が人生の岐路に立っていた時期に、
京都・南座で開催された
上原まりさんのリサイタルに出演させて頂き、
他にも大きな公演への出演を推薦して下さったりと、
この道へ進むきっかけを与えて下さり、
また、プロの世界の厳しさなどについてアドバイスも頂きました。

そして、私が門下生を取るようになってからは、
彼ら彼女らにも "母の孫弟子" と、愛情を込めて
優しく叱咤激励して下さいました。

サイトのコンサート情報欄に掲載しております通り、
10月に神戸で開催される所属流派の全国大会では、
最後の演目「綱館」で久しぶりに
上原まりさんと共演できることを楽しみにしていましたが、
それが叶わず、心残りです。

下の写真は、おそらく平成9年の
神戸での全国大会を前にした錬成会(合同稽古)で、
上原まりさんが私に表現の指導を
して下さっている様子です。(左端が旭堂師)

溢れる感謝の思いを胸に、これからも精進いたします。
合掌

1997kyokudokai-renseikai.jpg